自己破産を司法書士に依頼するメリット・デメリット

債務整理の中でも最も大変と言われる自己破産ですが、その相談を行う相手は司法書士と弁護士、どちらに行うのが良いのでしょうか。
多重債務や多額の借金などで返済のめどが全く立たない場合には、自己破産を検討するという方法も有ります。その際には裁判所に申し立てを行い、認められることで借金の返済が免除されることになりますが、同時に自己の財産については当座の生活に最低限必要と考えられるもの以外はすべて差し押さえられ、債権者に分配されることになります。しかし、借金の返済ができない状況で追いつめられる日々を送るよりは良く、また再生も可能なため、状況に応じて検討しなければいけない方法でもあります。
但し、債務整理の中でも最も手続きが複雑と言われる方法の上、多くの債権者に多大な損害を与えることにもなるため裁判所でも審査は非常に厳密に行われるものです。その為、その書類の内容だけでなく形式についても非常に厳しく審査されるため、専門家の助けを借りることが必要になります。
債務整理の相談を行う相手としては、司法書士と弁護士が有ります。司法書士に相談する場合のメリットは、まずは手数料が安いことです。借金の返済に困っている人の多くはお金に困っていることが多いため、手数料が安いというのは大きなメリットになります。しかし、司法書士の場合には140万円を超える債務整理における債権者との交渉には関わることができないというデメリットがあります。この場合、司法書士は基本的に書類の作成及びアドバイスを行うことにとどまり、実際の手続きや交渉は本人が行わなければなりません。したがって、借金の総額が分からない場合や金額が大きい場合には140万円を超えた時点で交渉権を失ってしまうため途中で解任せざるを得ず、それまでの交渉が意味をなさなくなってしまうことも有るのです。
自己破産の対応に於いて司法書士に依頼する場合には、基本的に交渉はじぶんで行うということになります。その為、その為の知識を得ることができる人、交渉力を持つことができる人でないとそのメリットが生かせないことになります。

1 Comment on 自己破産を司法書士に依頼するメリット・デメリット

  1. Hi, this is a comment.
    To delete a comment, just log in and view the post's comments. There you will have the option to edit or delete them.

Comments are closed.