債務整理における司法書士の代理権とは

借金の問題を解消するための手段としては、自己破産や任意整理などの債務整理の制度があります。債務整理の制度にはいくつかの種類があるのですが、これらのうち一部の制度を除いては債務者が個人で手続きを行うことができず、そのようなケースでは債務整理の手続きを法律の専門家の手に委ねることになります。
債務者が実際に債務整理をしようとした場合、その手続きを代行してもらうには司法書士や弁護士などの国家資格を持った専門家に依頼をすることになりますが、実際に司法書士、弁護士のどちらに依頼をするかについては原則として依頼人となる債務者の判断次第となります。ただし、司法書士と弁護士ではそれぞれ取得している資格が異なっており、扱える仕事の内容が異なっています。そのため、債務整理をする場合に借金の金額によっては司法書士では代理権を持つことができずに手続きを代行することが出来ないというケースもあります。
司法書士の基本的な仕事内容は役所などに提出する書類の作成が主な業務内容となっています。そのため、本来であれば債務整理などの法律面での相談、交渉、訴訟などは業務として行うことはできないのですが、法律が改正されたことによって一定の金額以下の借金であれば債務者の代わりとなって債務整理の手続きを代行することが認められるようになりました。そのため、本来であれば弁護士へ依頼しなくてはならなかった債務整理の手続きを司法書士でも取り扱えるようになったのです。
ただし、債務を整理するための手続きとして行える種類というものは限定されており、代理権を持って債務者の代わりに業者との交渉を行えるのは1社からの借金が140万円以内のケースのみです。その他の自己破産や個人再生などではあくまでも書類の作成しか行うことができないので、これらの手続きをしたい場合には、すべての手続きにおいて代理権を持つことのできる弁護士へ依頼しなくてはなりません。