司法書士ができる手続き「債務整理・個人再生・民事再生」

債務整理というと弁護士さんを想像しがちですが、司法書士さんでも債務整理は可能です。司法書士さんにできないのは代理人だけで、他の業務は弁護士が行う業務と同じです。自己破産、個人再生、民死再生の、どの方法で借金の債務整理を行うことも可能です。借金の整理をしようと思った場合に、弁護士さんと司法書士のどちらにたのもうか考えている方は、自分が裁判所に伺うのであれば、司法書士。代理人を頼むなら弁護士さんと考えてもらえればいいかもしれません。自己破産、民死再生とも、提出書類は同じです。違うのは、裁判所に自分が出頭するか弁護士さんが出頭するかの違いです。通常、司法書士さんに提出書類の作成を依頼するだけのほうが、弁護士さんに依頼するより料金は安くなります。陳述書等の書類作成代行を依頼するだけで、あとは自分で裁判に出頭するのですから、料金が安くなるのです。裁判に関しても代理人を依頼するのであれば弁護士さんになるかと思います。借金を抱えていることは、今の世の中ではリスクのあることです。リストラ、倒産。大企業の社員でも突然、職を失うのは珍しくはありません。借金を抱えていては身軽に動くことができません。もし、中高年で家族がいて、住宅ローンがあって、子供の教育費にお金が掛かり、借金があった場合にリストラされれば。言わないでも分かると思います。早めに借金を消す方向で考えましょう。少しでも料金を安くあげるのでしたら、司法書士さんのほうがおすすめかと思います。まずは、インターネットで信頼できそうな先生を探して相談しましょう。家族にも相談できず、一人で悩んでいては、仕事も大変ですし、体を壊してしまいます。最悪の場合には、精神疾患も患ってしまいます。そうなれば、身の破滅です。借金を消しこむことが重要なことは理解されてくれると思います。早めに解決しましょう。債務整をして明るい未来に向かって進みましょう。自分の人生です。