債務整理における弁護士と司法書士の違いは?

不況の影響で借金の整理を考えている方は増えています。ギリギリの生活を続けていても一向に借金が減らない。一生懸命働いていても、毎月の借金の返済のことばかり気にしてしまい、夜も眠れない。そんな生活を続けていますと、心も体も壊してしまいます。債務整理といっても、何から手をつけていいかわからない。そもそも、司法書士と弁護士の違いも一般的にはわからない方が多いのではないでしょうか。司法書士と弁護士の違いは、代理をするかしないかの差です。債務整理には、自己破産、個人再生、任意整理の3種類があります。債務整理のなかでも、自己破産と個人再生は、裁判所を介した法的債務整理で、任意整理は裁判所を介さない法的債務整理になります。弁護士か司法書士かですが、どの債務整理の方法を選んでも、弁護士でも司法書士でも対応可能です。ただ、裁判所を介する債務整理の場合には、代理人を立てたほうがいいのですので、自己破産や個人再生の場合には、弁護士さんに依頼することが多くなります。任意整理は債権者との直接取引で、裁判所を介さない法的手続と交渉のみですので、司法書士さんに依頼するだけで済みます。まずは、自分の債務状況を的確に把握し、どの債務の整理方法が自分に適しているかの判断を行うことです。借金がどうにもならない状況でしたら、自己破産を考えたほうがいいでしょう。どうにもならないは個人差があります。ワーキングプアでギリギリの生活を続けている場合には、100万円の残債でも、どうにもならないかもしれません。無理して体を壊す前に債務整理を検討しましょう。なんとか払っていけると判断した場合には、任意整理を選択するべきです。裁判所を介さないので、手続はすぐ終わりますし、官報に金融事件の情報が記載されないので、社会的信用が失墜はしません。どの整理方法を用いても金融機関の信用情報には金融事故情報が登録されてしまいますので、新たな借り入れはできなくなりますが、今後は借り入れをしないと強い心を持てば乗り越えられます。借金を解決して明るい未来を手に入れましょう。