法テラスで債務整理の相談をするメリット

法テラス(日本司法支援センター)は、弁護士などの法律の専門家を、国民一人ひとりが利用できるようにするために、国が設立した機関です。

通常、弁護士や司法書士に相談をする場合には相談料が発生し、また、事件を依頼すると弁護士(司法書士)費用が発生します。しかし、この場合、費用を払うことができなければ、法律の専門家を利用することができなくなります。

多額の借金を抱えて債務整理を検討している方の場合、このような費用を払うことは通常困難であることが多いと思われます。

法テラスの法律相談においては、一定以下の資力であれば、無料で、同じ案件について3回まで、弁護士に相談をすることができます。そして、ここでの法律相談を通じて弁護士に依頼する場合は、一定以下の資力であれば、弁護士費用及び実費を、法テラスが立て替えてくれます。この場合、依頼者は、立替額につき毎月一定額(多くても5000円程度)を返済していきます。なお、生活保護を受給している場合は、原則としてこの返済についても猶予されます。
ただし、破産手続を依頼する場合は、実費のうち、破産管財人へ納める予納金は自己負担となります(生活保護受給者を除く)。

法テラスの弁護士に債務整理の相談をするメリットとしては、何といっても、低い分割金額で、弁護士に借金問題を依頼できることにあります。
債務整理案件について、費用の分割に応じる弁護士や司法書士は多いものの、毎月5000円以内という額での分割で応じてくれるケースは一般に少ないことから、費用の問題を気にせずに弁護士に依頼できるというのは大きなメリットです。

これに加えて、自分で弁護士を探さなくても、一定の研修を受けた弁護士に対応してもらえることから、自分ではどの法律事務所に相談に行けばいいか決められないという場合にも、利用するメリットがあります。

ただし、自分で弁護士を選ぶことはできないので、もし相談で相性の合わない弁護士に当たってしまった場合は、別の弁護士や司法書士に依頼をした上で、案件を法テラスに持ち込んでもらい、弁護士(司法書士)費用の援助を申し込むことも可能です。