多重債務対応の第一歩は「相談」

ボーナスシーズン到来で、
様々な用途にと当てにしている向きも多い事でしょう。
金額は一定なのに、あれにもこれにもと振り分けている状態は、
ダブルブッキング、トリプルブッキングの危険性に溢れています。

当てにしていたボーナスや、月給すら当たらない事態に陥ったとしたら、
生活の為、家族を養うため、「借金」という手段に手を染めることも
無理からぬことと思えます。

どこに借りるか?
すぐに思い浮かぶのは、テレビコマーシャルで馴染み深い消費者金融です。
他人と顔を合わせることなく、銀行のATMみたいな使用感で
簡単に借金ができるものです。
簡単に借りることが出来るので取っ付きやすいのですが、返す算段は
当然、自分で行わなければいけません。
借金額に限度があるのでしょうし、早く返さなければ利息が嵩んでしまいます。
困ったら、別の所に借りにいくと考えてしまうのも
致し方ないものかもしれません。

また、借金をしている意識がないことに成りがちなものに、
家等のローンやクレジットカードの支払いがあります。
大きな買い物に用いるものですから金額が張ります。
引き落とされる銀行口座に残金が無くなってくれば、それは
返済が滞っている事態に他なりません。

そんなクレジットをいくつも持つことは、多重債務ということです。

「借金で首が回らなくなる」といいますが、
利息が増え、借りた額を大きく超えた借金の返済程
辛く、切ないものはありません。
借りたものを返す道理は理解できますが、
利息を返すのが精いっぱい、なんて状況は
納得できないものが有りますよね。

そんな風に、借金まみれになって困ってしまったら、
一人で悩んでいても始まりませんし、解決できるものでもありません。
専門の人に相談する勇気を奮い起こしましょう。

各自治体に、多重債務の相談窓口があるようですし、
消費生活センターや国民生活センター、
「法テラス」と呼ばれる司法支援センター等、
意外に多くの相談場所があるようです。
電話やメールでも受け付けてくれるようですが、
とにかく足を運んで、顔を合わせて相談するのが一番です。

風邪はこじらせる前に!
です。