自己破産の流れ

借金が嵩み、返済の目途が立たなくなってしまったならば、
何はともあれ弁護士に相談することです。
「法テラス」を始めとする 無料で相談を受けてくれるところもあるので
落ち込んでいる暇に、誰か 専門家を頼る算段をするべきです。

本当に返済する術がないのかどうか、
債務整理の いくつかの方法で解決できないかどうか、
解決策を模索してくれますので、正直に事情を話しましょう。

債務整理のうちの最終手段が「自己破産」です。
やむを得ず、この方法に頼らざるを得ないと
弁護士さんの判断が下りれば、思い切ってリセットすることにしましょう。

自己破産の手続きは、弁護士に依頼します。

住んでいる地域の地方裁判所に、自己破産の申し立てをします。
裁判所による申し立て内容の審査を経て、認められたなら
破産宣告がなされ、破産手続きの開始の決定がなされます。

そこで、換金できる財産の有無が問われます。
換金できる財産が無い場合は、同時廃止の決定がおります。
何か財産が有った場合には、破産管財人が選任されます。

同時廃止の場合でも次に、
借金の返済が全くできないのかどうかが調べられ、
認められれば、借金の免除が決定されます。
そこで晴れて、裁判所による 借金に対する免責許可の決定という
お墨付きが付くのです。

申し立てからここまでは、4~6カ月かかるようですが、
免責されれば、借金がチャラになり、日常生活が取り戻せます。
ただ、クレジットやローン等に関して制限がかかることは
致し方のない事ですが…

免責の審査においては、不許可とみなされる場合もあります。
浪費やギャンブルによる借金の場合や、
虚偽の書類を提出していたり、隠し財産が見つかったりした時です。

そうなると借金は免除されず、他の方法を考えなくてはならなくなります。

また、破産管財人による財産の審査が行われ、
換金して債権者への返済業務が入る「管財事件」になれば、
もっと長い時間がかかり、日常生活上の制限も、いくつかあるようです。
「管財事件」にも、所有財産の多少によって
「少額管財事件」制度もあり、時間と出費に差が出ます。

いずれにしろ、落ち着いた日常生活を取り戻すことが目的にになる事を
肝に銘じて取り組みましょう。